窓ガラスフィルムも経年劣化などで傷みますので、張り替え・張り直しする必要がでてきます。
貼るより剥がすほうが難しいといわれるガラスフィルム。
上手に剥がすコツは温めなどの前処理をしっかりと行うことと、簡単には剥がれないということを覚悟して時間をたっぷりかけて少しずつ剥がすことです。

①ドライヤーなどでフィルム全体を温めます。
②古新聞を温水に浸したものを窓全体に貼り、30分程放置します。
③フィルムの上部の角をカッターなどでめくり少しずつ剥がしていきます。
(カッターで窓を傷つけないよう注意。)
剥がれにくいときは、上部のところどころに切り込みを入れ少しずつ忍耐強く剥がしていきます。
④剥がした後は接着剤が残っていますので、中性洗剤を水で薄めた物を吹きかけてしばらく置いてから、メラミンスポンジやスクレーバーなど(ホームセンターなどで販売)でのりをこそげ落としていきます。
(スクレーバー使用の際は洗浄液で濡らしながら、窓を傷つけないよう注意し行いましょう。)

*おススメグッズ紹介
3Mフィルム剥がしラクラク 1缶420ml
フィルムを浮かし簡単にはがすことができるという商品です。
剥がした後の接着剤落としにも利用できます。
口コミでは効果があるという声が多かったですが、匂いがキツイのでマスクやゴーグルを着用し喚起をよくして使用するなど注意が必要です。
お子様がいない場所での使用をおススメします。