窓ガラスフィルムは多彩な機能や効果があり、デザインや種類も豊富です。
窓の種類や希望する効果によって選び方も異なります。
サンゲツや住友3Mなどの有名メーカー公式サイトなどを参考に、ガラスフィルムで得られる効果をまとめてみたいと思います。

・飛散防止効果
地震はもちろん、大型台風で窓ガラスが割れる事例が増えています。
災害対策に最適です。

・防犯対策効果
強靭なフィルムで窓ガラスからの侵入をガード。

・UVカット効果
肌へのダメージが大きい紫外線は室内でも対策することが必要です。紫外線を99.9%以上カットするガラスフィルムを貼るだけで、紫外線対策や家具の日焼けも防止することができます。

・日射調節(断熱)
日射や熱を遮り、まぶしさを遮り暖房・冷房効果を高めます。

・日照調節効果
室内の日射をやわらげることで、空間の照度を調節する効果があります。

・防虫忌避効果
紫外線に向かって飛来する虫を減らすことができますので、特に野外の店舗などに有効です。

・目隠し効果
1Fの窓などの目隠しや、特殊加工などで窓を美しく演出する効果があります。

貼るだけで、窓からの紫外線対策や地震や台風の備えにもなるガラスフィルム。
それぞれの機能性で選んだり、好みのデザインで窓をお洒落に変身させることもできます。
豊富なデザインでお部屋のイメージチェンジにも最適ですね。