カーテンは思っている以上に汚れがついているもの。定期的に洗濯することで、部屋を明るく快適に保つことができます。
カーテンの洗濯法は素材や染色方法、縫製・仕上げ加工方法などによって異なります。洗濯する際は必ずラベルをチェックしてください。
「ウォッシャブルマーク」がついていれば、家庭の洗濯機で丸洗いすることができます。

自宅でカーテンを洗濯する方法

それでは、自宅の洗濯機でカーテンを洗う手順をご紹介しましょう。

1.カーテンをレールから外す
カーテンをレールから取り外し、フックも外します。汚れがひどいときは外でほこりを落とします。

2.全体をチェック
全体の汚れをチェックし、上部のギャザーや裾部分で黒ずみなどの汚れが目立つ部分には、液体洗剤の原液をつけて、染み込ませます。

3.洗濯ネットに入れる
カーテンはプリーツにそってたたみ、洗濯ネットに入れます。このとき、汚れが気になる部分を表側にします。

4.洗濯機を回す
洗濯機に中性洗剤を入れ、30℃以下の温度で洗います。取り扱い絵表示を確認し、表示にしたがって洗濯機を設定し、「弱水流モード」「手洗いコース」「ドライコース」などで洗いましょう。
ドレープカーテンの場合は、すすぎの後に柔軟剤仕上げをすることをおすすめします。また、「静電気防止効果」などの表示がある柔軟剤を使用すれば、花粉や埃などが付きにくくなると言われています。

5.脱水
脱水は、レースなら30秒程度、厚手のドレープカーテンなら1分程度の短時間に設定しましょう。

6.カーテンを干す
脱水が終わったらすぐに洗濯機から取り出し、フックを取り付け、そのままカーテンレールに吊るします。カーテンを広げた状態でシワをのばし、形を整えて自然乾燥させます。厚地のカーテンで、水分を含むと重くなってしまう場合は、物干しに干してください。
乾燥機を使用すると生地が変質し、縮んでしまう場合があるので使いません。

※洗濯中に、洗剤液が真っ黒になるようであれば、二度洗いするようにしましょう。洗濯液を一度排水して軽く脱水し、再度洗濯液を作って洗います。
※布地が弱くなっているものや繊細なレースのカーテンなどは、つけ置きしてから、手洗いするのがおすすめです。

カーテンレールからホコリが舞い落ちるとカーテンに付着します。 カーテンを洗濯するときは、カーテンレールや窓ガラスも一緒にきれいにし、洗い終わったカーテンに汚れがつかないようにしましょう。

カーテンを洗濯する頻度について

毎日何げなく目にするだけのカーテンは、表面的な汚れがあまり気にならないものですが、実際にはかなり汚れています。放っておくとカビやダニの温床になりかねません。また、長い間洗わないでいると、汚れやニオイも落ちにくくなってしまいます。
レースのカーテンなら年に2~3回程度、厚手のカーテンは1年に1回程度を目安に洗うことをおすすめします。

お天気のよい午前中が、カーテンの洗濯日和。
カーテンがきれいになると、部屋全体も明るくきれいに見えます。ウォッシャブルマークのついたカーテンなら、ぜひ、自宅での洗濯にトライしてみてください。

形状記憶加工と形態安定加工について

現在では、カーテンのプリーツを綺麗にする形状記憶加工や形態安定加工が施されたカーテンが主流です。
その場合、クリーニングに出すと、プリーツ機能がなくなってしまうことがあります。形状記憶加工、形態安定加工ともに、高熱でプリーツが取れてしまうためです。
クリーニングに出す場合は、確認しましょう。

自宅で洗濯する場合は、
形態安定加工は3~5回の選択まではプリーツが保たれます。
形状記憶加工は、永遠にプリーツが保たれます。
※アイロンなど高熱をあてると、プリーツはなくなってしまいますのでご注意下さい。