新築のカーテン、費用、柄、ロールスクリーンするか木製ブラインドにするかなどいろいろと悩まれるかと思います。
今回、新築のカーテンについてどう選ぶかまとめてみました。基本は時間をとってしっかり相談です。

新築 カーテン

新築 カーテン

新築カーテンの選び方

まず、カーテン専門店かニトリか大型インテリアショップに行ってみると良いです。
サイズは必ず測ってから行きましょう。
どんなカーテンを合わせたらいいかわからない場合は実際に取り付ける部屋の写真を撮って、お店のスタッフに見せてみるのも良いでしょう。(カーテンレールの写真があると良いです。)

イメージと予算を伝えれば、いろいろとカーテンを提案してもらえます。
また、デザインや色だけではなく、リビング・寝室・子供部屋等、その部屋の使用用途や環境に適した機能性をもったカーテンを選ぶことも大切です。

・日差しが強い部屋の場合は遮光性の高いカーテン。
・寒い部屋の場合は防寒性のある裏地付きカーテン。
・交通量の多い道路に面した住居の場合は防音性の高いカーテン。、
・子供部屋には、かわいいカーテン。

シーンに合わせて選びましょう。

また、オーダーカーテンの場合は仕上がるまでに日数がかかることがありますが、その間の目隠し用カーテンを貸し出してくれる専門店もあります。
既に新居に引っ越した後でも安心です。
インターネット通販の場合は実物を見ることができないのがデメリットではありますが、生地サンプルを送ってくれるサービスを実施しているお店もありますので、
早めに取り寄せておくと良いでしょう。

新築カーテンのおすすめ

せっかく新築ならスタイルにこだわったウィンドウトリートメントを選びましょう。
ウィンドウトリートメントと言うと、多くの場合は布製の大きなカーテンをイメージすると思いますが、ウィンドウトリートメントにも色々なタイプがあります。
例えば木製ブラインドやロールスリーン、シェード等があります。
これらはカーテンよりも少し割高になってしまいますが、カーテンよりもスタイリッシュな、

機能性よりも単なる目隠しとして使いたい場合は最適です。もちろんデザイン性や機能性も併せ持った製品もたくさんあります。

ロールスクリーンは、厚みがなくフラットな表面なので、部屋をすっきりとスタイリッシュに見せてくれます。
また、縦方向に開いたり閉じたりできるので、足元だけ日差しを取り込むという調整ができます。

木製ブラインドは、結構価格が高いですが、部屋の印象がぐっと上がります。
ナチュラルな部屋、ビンテージ感のある部屋、北欧風、アンティーク、和室どこにでもOKです。
検討される方は、実物を確認してみてください。

ブラインド、ロールスクリーンを取り扱っているメーカー
・タチカワブラインド
・ニチベイ
・TOSO

シェードは、カーテンの裾を水平方向に折り畳んで開閉するタイプのカーテンです。
プレーンシェードとシャープシェードがあります。
カーテンと同じ柄で作ることができるので、リビングの大きい窓を通常のカーテンにして、小さい窓をシェードにすることがあります。

カーテンは部屋の印象を決める大切な要素です。
分からないことはしっかり確認して、検討しましょう。

新築のカーテンはどこで買う?

新築カーテンの購入は、近所のカーテン専門店がおすすめです。
新築を購入した場合、ベットやソファー、家電製品の購入が先になり、カーテンは一番最後になってしまいます。
カーテンが無ければ部屋の中が丸見えになってしまいますので、カーテンはできるだけはやめに決めたいものです。
しかし、焦りは禁物です。

費用について、新築マンションの購入時のオプションでは割高になって失敗してしまうことがあります。
住まいという高い買い物をしているので、金額について少し麻痺してしまっていて、高いか安いかわからなくなってしまっているかもしれません。

いったん冷静になって考えましょう。

モデルルームはいろいろとオプションが付いていて、見栄えも良くなっています。
実際に住み部屋とは違うオプションがついたモデルルームでの検討になってしまいます。
また、現地での日当たりなど分からない状態でカーテンを購入するのは、おすすめできません。

ベストは、少し住んでからの購入です。
その場合、カーテンがなくて困ってしまいますが、引っ越し前のカーテンを利用すると良いです。
また、近所のカーテン専門店なら、貸しカーテンのサービスがあることがありますので、相談してみると良いでしょうか。
引っ越し後であれば、実際の部屋にあった自分のお気に入りのカーテンを選ぶことができます。

現在のカーテンにはいろいろと機能が付いているのでしっかり調べてからの購入が良いです。

カーテン専門店が近くになければ、ニトリも色や柄を豊富に取り揃えています。
取扱方法やカーテン生地の特徴等、詳細を質問することもできます。

インターネット通販で購入するのも1つの方法ですが、
新築の場合はできれば実際の生地を確認することと、カーテンの測り方に間違いがないか確認できるカーテン専門店に依頼するのが良いです。