リフォーム

リフォーム

リフォームとリノベーションは混同されやすく、どの様な場合がどちらに定義されるのかわかりづらい場合が多いです。
一般的にリフォームは部分的な小規模な工事をすることを指す場合が多く、リノベーションはどちらかといえば大規模な工事を行う際に使われる場合が多くなっています。
例を挙げると壁紙の張替えやキッチンの変更、水回りの改修など見た目の変更が加えられるのみのケースではリフォームになり、
壁を壊したりして間取りの変更を行うなどの大規模な工事が必要となるケースはリノベーションとなるのです。
リフォームは現状の家を修復するための工事となり、リノベーションは現状の家を新しく作り変えるための工事となっています。
このようにリフォームとリノベーションでは工事の目的が変わり、リフォームの方が手軽にそして短期間で工事が完了することができます。
リノベーションは大規模な工事が必要となる場合が多く、工事が完了するまでの期間がリフォームよりも長くなってしまうことが多いです。
リフォームとリノベーションではどのようなケースでどちらに当てはまるかという明確な定義がわかり辛いのですが、工事の規模や目的によってどちらになるかが決まります。