引っ越しの挨拶をしない方も増えていますが、暮らしていく上でのトラブルを避けたり、有事に強力をしてもらうためには挨拶は必要不可欠です。
しかし範囲的にどこまで挨拶をすればいいか、挨拶に行く時間帯や、持っていく品物など、挨拶に関して考えるべきことは多くあります。
まず最初に決めるべきは挨拶の際に持っていく挨拶品ですが、金額的な相場は1,000円から3,000円程度が良いです。
物としては日持ちのする食べ物や、ラップやティッシュなどの日用品を、贈答用にラッピングするのが無難となります。
挨拶品を決めたら、次は挨拶をする範囲ですが、一戸建てかアパート・マンションかで変わってきます。

一戸建てでは左右と向かいに裏の家へ、町会や自治会へ参加する場合は町会長の家へまでの挨拶が必要です。

アパートとマンションの場合は上下左右の部屋と大家・管理人への挨拶が必要です。
余裕があれば、同じ階段やエレベーターを利用する同じ階の家へも挨拶しても良いです。

可能であれば、引っ越しをする前に作業でバタバタすることも含めて挨拶をしておくと良いです。
難しい場合は、引越しの当日、引越し後でも問題ありません。
休日と早朝を避け、日が落ちる前が引越し挨拶の基本なので、平日の午後6時前までに行き、丁寧かつ簡潔に済ませるのがポイントです。