カーテンを購入する際、一番大切なのが採寸(測り方)となります。
ここで、しっかりカーテンの採寸方法(測り方)を説明したいと思います。

カーテンの測り方

カーテン測り方

カーテン測り方

まず、基本、カーテンはカーテンレールに取り付けます。
採寸(測り方)は、カーテンレールが取り付けられた状態で行います。
カーテンレールが付いていない場合は、先にカーテンレールを取り付けましょう。

カーテンの幅:カーテンレールの長さなります。
※通常はカーテンレールの長さにプラス3~5%します。

カーテンの丈:カーテンレールについているランナーの輪からの長さになります。
※カーテンはカーテンレールのランナーに取り付けるので、そこからの長さとなります。
※はきだし窓の場合は、通常マイナス1~2cmします。
※腰窓の場合は、通常プラス10~20㎝します。(物がある場合などは、長くしない場合があります。)
※出窓の場合は、通常マイナス1~2cmします。

上記はあくまでも一般的なカーテンの測り方となります。
ご自分の好みで、丈などを調節して問題ありません。
ご不明な点があれば必ずカーテン販売店に確認しましょう。

間違った採寸方法(測り方)

・窓枠で測る(おそらくカーテンレールが取り付けられていないと思います。)
上記で説明しましたが、カーテンはカーテンレールに取り付けるので、必ずカーテンレールを取り付けてから採寸します。

・カーテンのサイズを測る
掛け替えの場合、現在取り付けてあるカーテンのサイズを測る方がいらっしゃいます。
カーテンには、2倍ヒダ、1.5倍ヒダ、フラットなどいろいろな仕様があり、実際のカーテンを測っても正確なサイズにはなりません。
(また、アジャスターフックでもサイズが異なってきます。こちらは、後述します。)
必ず、カーテンレールで採寸します。

カーテンのフックについて

アジャスターフック
カーテンには、フックの仕様で「Aタイプ」と「Bタイプ」があります。
こちらもかなり面倒なのでしっかり説明させて頂きます。

Aタイプ:
カーテンレールが天井に取り付けられている場合、カーテンボックスが付いている場合はこちらになります。
カーテンレールが天井に取り付けられている場合、Bタイプにしてしまうと、生地が天井に擦ってしまって動きが悪くなるのと、擦れた部分が消耗してしまいます。

Bタイプ:
カーテンレールが窓枠に正面に取り付けられている場合こちらになります。
Bタイプがカーテンレールを隠すように仕様になります。
カーテンレールが正面に取り付けられていても、Aタイプでも問題ありません。

既製カーテンのサイズ

インターネット通販で購入を考えている場合、既製カーテンを選ぶと一番安く済むと思います。
ただし、既製カーテンの場合、サイズによっては合わない場合があります。
現在、窓はいろいろなサイズがあります。必ず既製カーテンが合うとも言えません。
しっかり採寸して購入しましょう。
(わたしの身長が158cmだからこれくらいって感じで注文しないように!!)

既製カーテンのサイズ(基本)
幅100㎝×丈135㎝が2枚、幅100㎝×丈178㎝が2枚、幅100㎝×丈200㎝が2枚

※最近は下記のサイズを取り扱うカーテン通販もあります。
幅100㎝×丈90㎝が2枚、幅100㎝×丈105㎝が2枚、幅100㎝×丈110㎝が2枚、幅100㎝×丈150㎝が2枚
幅100㎝×丈185㎝が2枚、幅100㎝×丈190㎝が2枚、幅100㎝×丈230㎝が2枚、幅150㎝×丈135㎝が2枚
幅150㎝×丈178㎝が2枚、幅150㎝×丈200㎝が2枚、幅150㎝×丈230㎝が2枚

カーテンの採寸は正確に

カーテンを購入するタイミングは、引越しやマイホーム購入などのタイミングになると思います。
また、カーテンが古くなったので新しいカーテンに変える時も考えられます。

ネット通販で比較的安くカーテンが販売されているので、コストを少しでも削減したい場合は、
自分で採寸する必要があります。分からないことがあればしっかり購入予定のお店に確認しましょう。
最近では「カーテン計測メジャー」もあるので便利です。

カーテン採寸メジャー

カーテン採寸メジャー

カーテンは人生で数回の買い物になるので、なかなかご自分で採寸するのも大変かと思います。
新築の場合は、カーテン専門店に採寸を依頼した方が良いと思います。