近所にマルニ木工のショールームがあり、シンプルでおしゃれな家具が展示されていていつも気になっています。
今回、マルニ木工について調べてみました。

マルニ木工とは

マルニ木工は広島県の家具製造メーカーで、1928年創業の老舗です。
90年以上前から連綿と家具作りを行ってきましたが、2008年に深澤直人氏(プロダクトデザイナー。多摩美術大学教授でauのINFOBAR のデザインを手掛ける。)と協業で、
世界の定番となる家具作りを目指してMARUNI COLLECTIONという100年使っても飽きの来ないデザインの家具のラインナップ展開を開始した話題の家具メーカーでもあります。
主に欧米の家具をモチーフにしつつ、日本らしさを出したデザインに特徴があり、洋家具の木材(ビーチ、オーク、ウォルナット、メイプル、アッシュ、シダー、パイン
※松系の海外木材)をふんだんに使い、ファブリックや皮革に至っては、日本の物の他、ベルギーやイギリス、イタリア、北欧(スウェーデンやノルウェー)などからこだわりの素材を仕入れて
家具作りに生かしています。もちろん実用的な面もしっかりしており、耐震対策として、転倒防止補助具のほか、上下代連結、アップセットダボ(棚板に1度の傾斜をつけた物)、
グラフィックス(ガラス棚の前後のズレを防ぐ)、バランスボード(家具全体にわずかな傾斜をつけて前方への転倒を防ぐ)などの他、耐震ロックを装備するモデルもあります。
また、家具から出るVOC(ホルムアルデヒドなどの揮発性有機化合物)の発生を防ぐなど健康を意識した家具作りも行っています。このようにデザイン、
実用性を共に高いレベルで両立した家具メーカーがマルニ木工なのです。

MARUNI60

MARUNI60は、60年代のマルニ木工の商品をベースにネオ・クラシック(古いデザインを生かしつつ、新しい価値観を生み出すデザイン)ともいうべきコンセプトで展開するマルニ木工のブランドの一つ
(他にMARUNI COLLECTIONやMARUNI COLLECTION × mina perhonen、nextmaruniなど様々なこだわりブランドがある。)です。
ブランドのスタートは1960年代に製造販売を行っていたリビングチェアの「みやじま」を復刻させたことから始まります。
当時のデザインを生かしつつ、機能的な面(座り心地、使い勝手など)を現代風にアレンジし、木材も新たに選び直した製品です。
このような製品コンセプトを元に時を経ても変わらないロングライフな家具として使えることを目的として製造されているのがMARUNI60です。
そんな製品が購入できる取り扱い店は、全国にあります。公式サイト(MARUNI60)のる取り扱い店の項目を見ると一覧で確認することができます。
多くのお店があるので、気軽に行ける範囲の所で取り扱いがある可能性が高いのですが、マルニ木工のショールーム自体には展示がされていないので、注意が必要です。

マルニ木工のショールーム

マルニ木工のショールームは全国に3か所あります。
仙台、大阪、そして本社を構える広島です。東京にはショールームがありませんが、コンセプトショップ的なmaruni tokyoがあります。
仙台は仙台駅近くの花京院と言う場所にあり、水曜日定休、午前10時から午後6時までの営業をしています。マルニ木工のブランドであるマルニコレクションから、
トラディショナルスタイルまでを展示しており、マルニの世界観やこだわりを知ることができます。大阪ショールームは、大坂城の西側中央区の農人橋という所にあります。
地下鉄の谷町四丁目駅近くにあり、ビルの3階と言うロケーションですが、マルニ木工のほとんどのブランドを見ることができます。
こちらは定休日が火曜日と水曜日、営業時間が仙台と同じ午前10時から午後6時となります。最後に広島ですが、こちらは広島市内ではなく郊外の廿日市(はつかいち)市という広島市の西となりに
位置する街にあります。マルニ木工の子会社が本社を構えています。ひろでん廿日市市役所前(平良)駅徒歩8分と、他の二つに比べてややアクセスが悪いですが、本社に近いだけあり規模は大きいです。
こちらは大阪と同じく定休日が火曜日と水曜日、営業時間が他の2つのショールームと同じ午前10時から午後6時となります。
ただ、これらのショールームには、前の項で紹介したMARUNI60の展示がないのでご注意下さい。
また、これらのショールームでは定期的に、クリアランスセール(広島)、MARUNI COLLECTION OUTLET SALE(大阪)などアウトレットの販売やセールを行っていますので、
こまめに公式サイトをチェックしてください。

マルニ木工のホームページ
http://www.maruni.com/jp/