一人暮らしの部屋をおしゃれなにするには

一人暮らしの部屋をおしゃれにするコツは、「部屋のテーマを決める」ことが重要です。
モノトーンや白メインのシンプルな部屋、紺やグレーなどの落ち着いた色に挿し色のインテリアが置いてある部屋、ヴィンテージ風のテイストで統一した部屋など、おしゃれな部屋には多くの種類がありますが、ぱっと見でおしゃれに見える部屋というものは統一感があります。
ごちゃごちゃしている部屋がおしゃれではないというわけではないですが、人間の第一印象は最初の10秒で決まると言われているように、部屋がおしゃれかどうかも第一印象によって大きく変わります。
好きな色や落ち着く色、シンプル・キレイ・かわいい・ワイルド・スマートなどなど。まずは自分の好きなイメージや目指したいイメージの全体像を頭の中に思い浮かべてみ亜省。思い浮かべるのが難しければ、インターネットでおしゃれな部屋のレイアウト例などを見て「自分はこういうテイストの部屋が好きなんだ」というイメージを持ちましょう。
あとは、自分の好きなイメージに合った家具や家電をセレクトしていくだけです。何度も言いますが、「統一感」が重要です。部屋全体の印象がまとまっているだけで「それらしく」見せることができます。
アクセントとなる小物などは、部屋のテーマを決めてから選ぶと全体的にまとまりやすいです。

インテリアに必須のおしゃれな雑貨とは

さて、統一感のある部屋のテーマを決めたら、小物や雑貨などを準備していきます。
実用的なものであったり、飾りであったり用途は様々です。
ここで重要になってくるのが「アクセント」です。
統一感のある部屋は、まず第一印象で部屋をおしゃれに見せることができますが、そこに少しユニークな、自分らしい小物をチョイスしていきましょう。
部屋の中をよく眺めてみて、気づきにくいところにお洒落な小物が置いてあったりすると、見た人にセンスのよい印象を与えることができます。
また、小物でなく壁掛け時計やカーテンなど大きなものでも部屋の印象を特徴づけることができます。
ごちゃごちゃさせない程度に細かな雑貨を配置していくと、主張が激しくなく、いやらしい印象を与えません。
最近は北欧系のインテリアが流行っていることもあり、フライングタイガーを始めとしたお洒落なインテリアや雑貨のお店やネットショップも増えてきています。
しかし、雑貨に凝り始めるとものすごい勢いでお金が飛んで行ってしまいます。
気づけば万単位でお金を遣ってしまっていたということも雑貨やインテリア好きな方にはよくあることだと思いますので、可能であればおしゃれでいいものを安く購入したいというのが正直なところ。
さきほど下げたフライングタイガーは凝った雑貨を安く買うことができるのでおすすめです。

100均でも買えるおしゃれなインテリア

今ではダイソー、Seriaを始めとした100均のお店でも、「これが100円!?」と驚いてしまうような商品が数多く登場するようになりました。
昔は100均と言えば安かろう悪かろうの典型だったのですが、本当にいい時代になったものです。
100均の雑貨などもおしゃれなものが増えてきており、ガーデニングコーナーの小さな植木鉢や小さめの観葉植物(フェイクリーフ)、木箱やぬいぐるみなどはとても100円には見えません。
お店によっては、200円商品や300円商品、高いものでは600円商品などもありますが、ここはこらえて徹底的に100円商品にこだわりましょう。
無駄な出費を抑えることにもつながります。
100均で300円や600円の雑貨を買うのであれば、上記のフライングタイガーのようなお店の方がコスパがいいです。
品質が良くなってきているとはいえ、100均は100均として割り切って捉え、あまり凝ったものではなくシンプルなものを購入するようにすると、細かいデザインの粗が目立つことも少なく、「これ100均で売ってたな」と思われることも少なくなります。
部屋に軽いアクセントとしてちょこんと飾っておきたいものがおすすめです。