カーテンは閉め切ると見える面積が大きくなるので、部屋のイメージを決める大切なインテリアです。そのため、雰囲気にマッチしたカーテンを選ぶことが、おしゃれな部屋になるための第一歩だといえます。おしゃれなカーテンの選び方のポイントは、それぞれの部屋に合った色を選ぶことです。

そこで、まずはさまざまな色の特徴を理解しておきましょう。落ち着いた雰囲気を演出するカーテンの代表として挙げられるのはベージュ・茶色や、グレー・黒色といった色です。ベージュ・茶色は木をイメージさせるナチュラルカラーで、部屋に安心感をもたらしてくれます。また、クセがなく他の色を引き立たせる効果があるため、どのようなインテリアでもマッチしやすいのが特徴です。

一方、黒はモダンでクールなイメージを演出するのに向いている色です。ただし、比較的存在感がある色なので、部屋のデザインやカラーと合わせるときは注意しなければいけません。部屋の雰囲気を明るくしたいときは、赤・ピンクやオレンジ・黄色といった色を選びましょう。赤やピンクといった暖色系は見る人の神経を刺激して食欲増進や血流の改善を促すなど、心身ともに元気づけてくれる色です。ただし、あまりにも濃い赤は部屋のイメージを派手にしすぎることがあるので、気をつけましょう。ワンポイントで使用するとおしゃれ感がアップするケースが多いのでおすすめです。オレンジ・黄色は、部屋の雰囲気を明るくして住んでいる人の気持ちまで楽しくさせてくれます。リビングや子供部屋など、楽しく過ごす空間に使用するとよいでしょう。

緑色や青色といったカーテンはどちらも落ち着きをもたらしてくれるのが特徴です。とくに緑色は植物をイメージさせるので、リラックス効果が期待できます。一方で、青色は集中力を高めてくれる色だといわれているのが特徴です。静かに過ごしたい部屋に使用するのがポイントで、たとえば寝室や書斎などに採用するとよいでしょう。

おしゃれなカーテンを選ぶには部屋の用途に合わせる必要もあります。なぜなら、部屋の用途とカーテンの色合いがあまりにもかけ離れていると、見る人に違和感を与えてしまうからです。リビングやダイニングといった大人数が利用するスペースは、家族だけでなく友人や親戚などのお客さんも過ごすことになります。リビングやダイニングは明るい色を基調にすると部屋が広く見えるなどよい効果はありますが、あまり派手過ぎるとリラックスしてくつろぐことができません。そのため、バランスが難しい場所でもあります。無難にするなら、ベージュや茶色、グリーンといったアースカラーを基調とするのがよいでしょう。グリーンはリラックス効果もあるので、落ち着いた雰囲気を演出するのに向いているのでおすすめです。

寝室は日中過ごすことはあまりなく、主に睡眠をとる用途に使用する部屋です。他人に見られる心配が少ないという点では、リビングと違って好みのデザインで問題ありませんが、赤や黄色といった明るい色合いでは十分な睡眠をとるのが難しいでしょう。そこで、基本的には青や緑色、ベージュといった落ち着いた色調でそろえるとよいです。このときのポイントは、同系色でそろえるとより落ち着いた雰囲気の寝室が完成することだといえます。カーテンだけでなく、まくらやベッドカバーといった寝具も同系色にすると、トータルコーディネートでおしゃれな寝室になります。

子供がいる家庭では子供部屋を用意していることもあるでしょう。子供部屋は赤・ピンク、黄色・オレンジといった明るい色合いのカーテンがおすすめです。明るい色彩のカーテンを使用することで、子供の気持ちも元気になることでしょう。落ち着いた環境で育って欲しいと願うときは青やグリーンといった色のカーテンを採用するのも一つの方法です。子供部屋では無地のカーテンよりも、柄やデザインの入ったカーテンを選ぶと、より親しまれる部屋になるでしょう。

また、子供部屋のカーテンを決めるときは、遮光機能のないカーテンがおすすめです。人間は日光を浴びることで、ビタミンDが体内で作られて骨が丈夫になり、免疫力も高まります。さらに、朝日を浴びることで体内時計を正常に戻す機能も備わっているので、とくに子供の年齢が低いときは採用するとよいでしょう。

和室のカーテンを選ぶときは、ベージュや緑色といったアースカラーにするのが基本です。なぜなら、和室は基本的に畳の緑や木の柱の茶色など、自然界にある色が採用されているからです。カーテンも和室の雰囲気に合わせて落ち着いたアースカラーでそろえると、違和感のない部屋となります。和室にもアクセントを加えたいという人は、思い切って黒やグレーといった色合いを選んでも部屋の雰囲気によっては悪くありません。また、昔懐かしい雰囲気を演出したいなら、あずき色を選ぶと渋さが増してよいです。和室の構造によってはカーテンを設置するのが難しいケースもありますが、そのときはブラインドやロールスクリーンなどを活用しましょう。

ブラインドやロールスクリーンはどちらも小さい窓枠でも設置しやすいのが特徴です。ただし、機能面では若干異なる部分もあります。ブラインドは、1つで光と視線を遮るレースとドレープの役割を果たします。カーテンと比べるとすっきりした印象を与えるので、和室にも合うことでしょう。ロールスクリーンは、巻き取るとコンパクトに収納できる点がメリットだといえます。窓からの景色をキレイに見せたいときに選びましょう。ブラインドとロールスクリーンの色合いやデザインについては、基本的にカーテンのときと同様に考えれば大丈夫です。

一人暮らしのワンルームのカーテンは、多少アクセントがあったほうが部屋全体はおしゃれに見えます。なぜなら、多くのワンルームではカーテンを付ける窓はベランダに出る1つだけということが多いからです。カーテンの部屋全体に占める割合が比較的多くなるので、おしゃれなカーテンを付けていると部屋全体のイメージもよくなります。そのため、ワンルームのカーテンは思い切って大胆な色柄を選んでみるとよいでしょう。柄物に馴染みのない人はデニム生地のカーテンなど、素材から個性的なものを選ぶ方法もあります。自分の個性をアピールして、お気に入りの部屋にしましょう。

部屋のイメージは、カーテンだけで決まるものではありません。家具やインテリアのデザインによっても影響されます。そのため、おしゃれなカーテンを選ぶときは、インテリアのデザインと調和しているかどうかにも気をつけましょう。たとえば、木の家具や白を基調としたインテリアで人気のある北欧風の部屋に無地のカーテンだと淡泊になりすぎてしまいます。そこで、アースカラーを基調として、青や黄、茶色の幾何学模様のカーテンを選ぶとおしゃれです。

白や茶色を基調としたシンプルなナチュラルインテリアの部屋には、個性の強すぎない落ち着いたカーテンを選びましょう。基本的にはインテリアの邪魔をしない、アースカラーやアイボリーを選択し、インテリアを活かすためにも柄物ではなく無地のカーテンにするとよいです。女性でおしゃれ感をよりアップさせたいなら、ふんわりした雰囲気が魅力のリネンカーテンをおすすめします。

グレーやモノトーンを基調にしたクールな部屋は違う系統の色を使うとかなり目立ってしまうので、基本的には同系色でまとめるほうが無難です。そのため、カーテンも基本的には黒や白色、グレーを選ぶとよいでしょう。ただし、無地のカーテンではあまりにも単調でインパクトに欠けます。柄物のカーテンを選ぶとおしゃれ感が増して部屋のアクセントになるので、お気に入りの柄を探してみましょう。

かわいらしさを前面に押し出した女子向けのインテリアにするときは、花や小鳥が描かれたレースカーテンにするのがおすすめです。花柄にも、裾に向けてお花畑が広がっていくものやアンティークなデザインまでさまざまなものがあるので、自分のイメージと合ったカーテンを選びましょう。カラーについてはピンクや白を基調に考えると、インテリアとマッチするはずです。カーテンだけでなく、羽のついたカーテンタッセルや花をあしらったかわいいカーテンクリップなど、小物までこだわってみてはいかがでしょうか。