冬になると、住んでいるマンションの窓に結露が現れます。そのおかげでレースカーテンはカビてしまいます。
今回は、結露について調べてみました。

マンションの結露

マンションの結露

窓の結露の原因は?

冬になると、結露に悩まされると思います。
窓の結露には、どのような原因があるかというと内外温度差と、湿度が決められた条件になった時に結露が起こります。
決められた条件というものが、結露の原因にあたります。
この条件とは、露点温度です。
結露とは、室内が暖かく湿気のある空気が室外から冷やされた際に暖かい空気に含まれていた湿気が、凝縮し水に変わる事が原因と言えます。
また、これらの科学的な原因の他に住宅性能の低下が原因の可能性もあります。
住宅の断熱材の劣化や元から断熱材の性能が低い事が原因でもあります。
これらの場合、室内の熱損失が一番多いとされるサッシなどが結露します。
結露すると、カビやダニなどが発生してしまい人体にも悪影響を及ぼしてしまいます。
また、住宅自体にもダメージがあり劣化するスピードが早まる原因にもなります。
そうならないためにも、対策は様々あります。
例えば、お洒落な生地でできた結露防止用レースなど簡単にできるものもあります。
結露の原因を知った上で、様々な対策が取れると思います。
結露の原因となる温度差など、調整するのが難しかったりする場合もあると思います。
自宅にあった対策をしっかりしていく事が大事です。

結露はどう防ぐ?

結露には様々な対策があります。
インターネットショップなどで、簡単に手に入れる事ができるのが結露防止シートです。
こちらは、結露対策アイテムとして人気があります。
結露防止シートは、窓に貼ることにより結露を発生しにくくするアイテムとなります。

主に、2種類あります。

・電熱遅廷性シート
こちらは特殊なシートが何層にもなっており、窓に貼り熱を通しにくくすることにより結露を防ぎます。

・水分吸着シート
シートの表面に水分を吸収してくれるようになったシートで、多少の結露ならば防ぐ事ができます。
ただし、こちらには欠点があり吸収できる水分量が決まっています。
それを超えてしまうと効果がなくなり、結露防止にはなりません。

これらの防止シートの他に窓下ヒーターを利用した対策もあります。
窓の下に置く事ができる、電気を利用したヒーターです。
ヒーターの上昇気流により、窓の表面が暖まり結露対策になります。
また、ヒータは上昇気流が窓により冷やされ床を這う冷気を防ぐこともできます。
このように、様々な結露対策方法があります。
シートやヒーターなど、自宅にあっており尚且つ使いやすい方を利用して結露対策をしていくと良いと思います。

ペアガラスの効果について

ペアガラスというものがあります。
ペアガラスとは、二枚のガラスの間に密閉された場所がある特殊な窓ガラスのことです。
二枚のガラスがあり、対流が起こらない空気を挟むことになります。
これにより、普通の窓ガラスより断熱性能が高いとされています。
ペアガラスにも、空間が広いものや断熱性能が高いガラスを利用したものなどがあります。
ペアガラスは、リフォームなどに利用すると従来の窓ガラスよりも値段は高くなりますが、断熱効果や結露防止や騒音防止など様々な効果があります。
断熱効果が高いペアガラスを利用すれば、結露を防ぐ事ができますが、それでも結露が起こる場合があります。
室内の湿度と、外気の温度などが原因になる為ペアガラスでも、完全な結露対策とはいきません。
ですが、ペアガラスの方が従来の窓ガラスよりも結露しにくい効果がある事には間違いありません。
ペアガラスを利用しながら、結露対策をするには換気や換気扇を回したりなどすると良いです。
室内の換気量を上げていくと効果があります。
室内外の空気をしっかり循環させる事が大切です。
このように、ペアガラスでも結露してしまうという方はお部屋の空気を循環させる事により、ペアガラスの効果を十分発揮させ結露対策につながります。

選択肢としては、二重サッシもあります。
二重サッシも結露、断熱、防音などの交換があります。

詳しくは販売店でご確認ください。

ペアガラス、二重サッシだと結構費用が高くなるので、冬は出来るだけ結露をふき取って、夏前にレースカーテンを新しいのに交換することで、対応していこうと思います。