カーペットの掃除を行う際には、掃除機をかけるだけで十分と考えている人が少なくありません。
しかし、毎日生活する上で溜まる毛やゴミだけでなくシミ汚れについては、カーペットクリーナーを使ってしっかりと落とすことが必要です。
コロコロを使って手軽に毛やホコリを除去する方法が一般的ですが、コロコロは粘着性に違いがあるのでカーペットの素材を傷めない程度の粘着力がある製品を利用しましょう。
カーペットクリーナーやコロコロを使った掃除を行っても落ちない場合には、サイズが小型なタイプならばいっそのこと洗濯表示を確認して手洗いしてしまう方法もあります。

洗濯表示で水洗い出来ない素材ならば、重曹を溶かした液体をカーペットにスプレーして、厚手のゴム手袋でカーペット表面を擦るといった方法を試してみると良いです。
掃除機やカーペットクリーナーでは取れなかった汚れやゴミがゴム手袋にくっついてくるので、家族全員で同時に掃除をすれば楽しんで行えます。
※カーペットの毛は長さが異なり、材質や製法にも違いがあるため専門業者に任せないと徹底洗浄出来ない高級品も一部ではあります。
※試す前に、必ず購入したお店に確認しましょう。

カーペットクリーナー・コロコロ・洗濯と複数の掃除方法を行うことでそれぞれ別の方法では取り切れなかった汚れを落とせるので、複数組み合わせて掃除すると良いです。