Artek(アルテック)とは

アルテックは、フィンランドデザインの巨匠建築家のアルヴァ・アアルトらが、1935年に設立した北欧モダンを代表するインテリアブランドです。
アルテックとは、「アート」と「テクノロジー」の融合を表しています。
アートとテクノロジーの融合、モダニズムに基づくデザイン活動から生まれた家具の数々は、現在も世界中で愛されています。
アルテックが設立されたフィンランドでは、デザインは限られた人のためのラグジュアリーではなく、日常の暮らしの一部と捉えられています。
アルテックの製品もシンプルな機能美と実用性を兼ね備えていて、人々の暮らしを豊かに彩ってくれます。
アルテックは、自然素材を用いたものづくりを基本としていて自然素材の美しさや、経年変化による風合いなどが魅力的です。
フィンランドデザインの巨匠たちや、現代のデザイナーとのコラボレーションなど、幅広く展開しています。
丸みを帯びたシルエットが特徴的でナチュラルで、オーガニックな印象の家具ですが、その考え抜かれた構造体は非常に丈夫で、何十年も安定して使用し続けていけるものです。
人と木の温もりを感じるモダン・オーガニックデザインは、日本でも人気があり、多くの方に支持されています。

 

Artek(アルテック)の家具

アルテックのスツール60は1933年に発表されたアルヴァ・アアルトの代表的作品でもあり、当時アルヴァ・アアルト自身が設計したヴィープリ図書館で使用するために作られました。
座面と足のシンプルな接合による無駄のない3本足のフォルムが美しいスツールです。
無垢の脚部は曲げる部分のみを差し込み整形された世界で唯一の製法技術で作られていて、発売以来、絶大な人気を誇るロングセラーであり、800万脚以上も販売されています。
アルヴァ・アアルトがデザインした82Aテーブルは、素材の温もりを感じるオーガニックなデザインテーブルの名作で、無駄な金具を使わない素材感を活かした造りになっています。
1935年に発売されて以来、北欧のカフェやレストランなどで見られ、時を超えても変わらないデザインは、今も世界中で愛されています。
アルテックの家具は、素材を活かした高いデザイン性を実現しながらも、強度があり、とっても丈夫です。
クオリティーが高いことも人気の秘密です。
素材を活かしたデザインに丈夫な製法技術が加わり、アートとテクノロジーの融合が実現されています。
このように、アルテックの家具は、長い歴史があり、長い間、愛され続けています。

 

Artek(アルテック)の照明、生地

アルテックの照明のゴールデンベルは、灯りがともっていてもいなくても、まるで彫刻のように美しいです。
1936年、ヘルシンキにあるさサヴォイレストランの内装のために考案されました。翌年、パリ万博のフィンランドパビリオンで発表されました。
機能的な構造から放たれる温かく柔らかな光とフォルムの美しさは、アルヴァ・アアルトの哲学を現しているといえます。
ゴールデンベルは、80年以上の歴史を誇るサヴォイレストランで今も輝き続けています。

アルテックの生地の柄の「SIENA」は、アルヴァ・アアルトが建築の室内のためにデザインしたテキスタイルです。
規則的な模様は、イタリア・トスカーナにある、シエナ大聖堂の大理石の模様を連想させてくれます。「
SIENA」のデザインの生地は、クッションカバーや、テーブルクロスなど、生活雑貨に使用されていて、美しいデザインが生活に温もりや、彩りを与えてくれます。
アルテックは、照明や、生活雑貨などのデザインも施し、インテリア全般のデザインを手がけています。
アルテックは、歴史も長く、長い間、人々に愛されてきました。日本でも、その魅力に魅了された人々に支持されていて、とても人気があります。