色の組合わせと柄配分のこだわったボーダー柄。
節のあるまっとな糸とブライト糸の対比がポイント。