等級によって大きく異なる!遮光カーテンの種類について

等級によって大きく異なる!遮光カーテンの種類について

部屋に光を取り込むための窓ですが、場合によってはその光が邪魔になるときがあります。
カーテンを閉めているのに、
「朝、太陽の光が部屋に入ってゆっくり眠ることができない」
「強烈な西日の侵入を抑えたい」
「窓から入る光がテレビの画面に反射して、見づらい」
「夜、部屋の電気をつけると、カーテンが透けて外から部屋の中が見えてしまう」
こんな悩みをもっている方には、「遮光カーテン」がおすすめです。

遮光カーテンの種類

遮光カーテンとは、文字通り光を遮ることを目的にしたカーテンのこと。普通の厚地のカーテンでも、ある程度光を遮ることができますが「遮光マーク」のついたカーテンは、遮光率99.40%以上という高い遮光性能があります。

遮光カーテンには、普通のカーテン地の裏に遮光生地を縫い付けたタイプと、遮光性能がある生地を使い1枚でカーテンに仕立てられたタイプがあります。

前者のよいところは、色柄の選択肢が多く、好みのカーテン地で作ることができる点。生地が二重なので断熱効果も期待できます。
ただし生地が二重になる分、重量が増すので、開閉操作が比較的スムーズにできなかったり、カーテンレールへの負担が大きくなったりする場合があります。

カーテン生地そのものに遮光性能があるタイプには、生地に黒糸を織り込んだものや、合成樹脂をラミネート加工したもの、アルミ粉末をコーティング加工したものなどがあります。
以前は色や柄が限られているとか、生地の風合いがビニールっぽいなどと言われていましたが、近頃は比較的色柄の種類が豊富になり、ソフトな風合いの生地も登場しています。開閉も比較的スムーズにできるでしょう。

遮光カーテンの等級とは?

遮光カーテンの遮光性能は、一般社団法人 日本インテリアファブリックス協会(NIF)によって、以下のように1〜3級に分けられています。遮光の等級が1級に近づくにつれ遮光性が高くなります。

遮光の等級:1級

遮光率:99.99%以上(100%の完全遮光タイプもあり)
人の顔が識別できないレベルの遮光性能。

遮光の等級:2級

遮光率:99.80以上99.99%未満
人の顔あるいは表情がわかるレベルの遮光性能。

遮光の等級:3級

遮光率:99.40%以上99.80%未満
人の表情はわかるが事務作業には暗いレベルの遮光性能。

メーカーによっては、遮光率が限りなく100%に近いものを「安眠1級遮光」と呼んでいるケースもあります。

遮光カーテンはオーダーがおすすめ

せっかく遮光性能の高いカーテンを取り付けても、サイズが合っていないとカーテンの上下やサイド、左右のカーテンを閉じたときの隙間から、光が漏れてしまいます。
窓からの光漏れを防ぐには、遮光カーテンを窓枠より大きめに作って取り付けることがポイントです。

遮光カーテンの上部からの光漏れを防ぐには、カーテンレールを天井付けにしたり、カーテンボックスを取り付けたりするのも方法のひとつ。サイドからの光漏れを防ぐには、遮光カーテンの両端を、内側に取り付けているレースのカーテンレールにまで回り込ませるようにして取り付けるのも効果的です。
遮光性を高める取り付け方をするためには、カーテン専門店のプロの方に、採寸、製作、取り付けとも依頼するオーダーカーテンがベストです。

なお、遮光カーテンを選択する上で、遮光率の高いものがすべてにおいて一番良いとは言えません。
例えば、遮光等級が1級のカーテンを寝室で使用した場合、朝になったのがわからず起きられないということもあります。心地よく安眠し、目覚めるためには2級・3級あたりの遮光性能を選ぶという選択肢もアリです。逆に夜勤などで、昼間に睡眠をとらなければならない場合は、高い遮光性が必要となるでしょう。
どの等級の遮光カーテンを選ぶかは、使う場所と目的、ライフスタイルによって慎重に決めるようにしましょう。