こんなメリットも持っている!オーダーカーテンの必要性について

こんなメリットも持っている!オーダーカーテンの必要性について

引越しなどで新しくカーテンを買う際、サイズさえある程度合うものがあれば、手軽だからと安易に既製のカーテンを選んでいませんか? しかし、カーテンは部屋の印象、インテリアの選定にも大きく影響するため、じっくりと心を込めて選んでほしいものです。
ここでは、理想のカーテンを手に入れるために、既製のカーテンでなくオーダーカーテンを選ぶ必要性について考えてみましょう。

既製のカーテンとオーダーカーテンの違いは?

カーテンは大きく既製のカーテンとオーダーカーテンに分かれ、その間にはイージーオーダーカーテンもあります。それぞれメリット、デメリットがありますので、違いをまずは知っておきましょう。

既製のカーテン

一定のサイズで、すでに仕上がってあるカーテンです。

メリット:大量生産なので価格が安い。すぐに購入することができる。
デメリット:サイズ、色や柄、デザインが限定される。ドレープのボリュームや縫製に高級感を求められない。

イージーオーダーカーテン

上部と両サイドがすでに決まっていて、丈のみ調節できるカーテンです。

メリット:半既製品なので価格が比較的安い。長さを窓に合わせられる。
デメリット:幅、色や柄、デザインが限定される。一定の製作時間が必要である。

オーダーカーテン

布、デザイン、サイズを自由に選んで作るカーテンです。

メリット:個々の窓に合わせてぴったりのサイズが作れる。多くの生地のなかから好きな布を選択することができる。好きなデザインで作ることができる。
デメリット:製作に一定の日数がかかる。既製品やイージーオーダーに比べて価格が高めである。

オーダーカーテンを選ぶ必要性

カーテンの色や柄、布地のテイスト、吊り方のデザインなどは、お部屋の印象を決定づける大きな要因となります。しかし既製のカーテンだと、色はいいけど柄が好みではないなど、どうしても妥協しなくてはいけない点がいくつか出てきてしまうものです。せっかくカーテンを新調するのであれば、理想の形に仕上げられるオーダーカーテンがおすすめです。

窓のサイズぴったりに製作できるのがオーダーカーテンの特長としてはわかりやすいのですが、特徴はそれだけではありません。例えば海外ブランド品、国内品など幅広い選択肢のなかから好みのファブリックを選ぶことができます。
また、裾の折り返し幅やドレープの量をたっぷりとることで、既製品と比べて高級感のある縫製にすることが可能です。トップ(上飾り)やタッセル(カーテンを束ねるもの)などを特別なデザインにしたり、クッションカバーなどとトータルコーディネートしたりもでき、より個性的なインテリアを楽しめます。

カーテンをオーダーするときの注意点

選択肢が広いオーダーカーテン。部屋の条件に合わせて、機能性や生地の質、デザイン、色・柄などを選ぶ必要があります。
ナチュラル、エレガント、モダンなどのスタイルを決め、家具などと合わせてトータルコーディネートするとよいでしょう。
窓そのものを目立たせたいのか、あるいは隠してしまいたいのかでも、デザインは異なります。外光を十分取り入れたいのか、逆に遮りたいのかでは、選ぶ生地の厚さや素材、機能性も変わってきます。

ファブリック選びはカタログなどで見るだけでなく、できるだけ大きな生地見本を取り寄せて確認することをおすすめします。小さな生地見本で選んだ場合、完成品を吊り下げたとき、印象がまったく違ってしまうことがあります。
実際に窓前に吊り下げてみて、日中の光のなかで、さらに夜の電灯のもとでと、見比べて決めるようにするのがおすすめです。
採寸はプロの業者の方にやってもらうのがベスト。それが難しい場合は、取り付け場所の状況をしっかり説明した上で、プロのアドバイスに沿って採寸するようにしましょう。

窓の条件に合わせて、ぴったりサイズのカーテンができるのはオーダーならでは。好みのファブリックで製作する美しいカーテンは、日々の暮らしを潤いあるものにしてくれます。