カーテンに生えてしまうカビを予防するには?

カーテンに生えてしまうカビを予防するには?

お部屋のカーテンをよく見てみると、ポツポツと黒い汚れが……、なんてことはありませんか。それは実は、カビかもしれません。
黒カビは、アトピーや喘息など病気の原因になります。ここでは、カーテンのカビ予防について考えましょう。

カーテンにカビが発生する原因

カビの胞子は空気中に浮遊していて、一定の条件で繁殖します。一般的に湿度(70%以上)、栄養(ホコリやアカ)、酸素があれば、どこにでもカビは繁殖するといわれています。

カーテンにカビが生えてしまう最も大きな原因は、冬の寒い時期に発生する窓の結露です。
結露は窓の外と内側の温度差により起きます。空気には水分(水蒸気)が含まれているのですが、温度が高いほど空気はたくさんの水分を含むことができ、逆に温度が低いほど含まれる水分が少なくなります。

冬、暖房などで暖められた室内の空気が、外気で冷えた窓ガラスやサッシにぶつかると、空気は冷やされます。すると余分な水蒸気が水滴となり窓ガラスに付着するというわけです。冷たい飲み物を入れたグラスの表面に、水滴がつくのと同じ原理です。
窓に接しているカーテンが、結露の水分を吸収。濡れたままで放置しておくと、カーテンについたホコリや汚れを栄養源にカビが繁殖してしまいます。
冬以外では、梅雨や秋の長雨の時期も湿度が高く、カビが発生しやすくなります。

カーテンのカビを予防する方法

結露を防ぐ対策として最も簡単なのは、換気をすることです。寒さを少し我慢して、1回につき10分程度換気すると、室内にこもった湿気をスッキリさせられます。冬場は乾燥が気になって加湿器を使用したり、洗濯物を室内干ししたりすることも多いと思います。また、料理を作るときにも水蒸気が多く発生します。こまめな換気を心がけてください。
湿度計を置いておけば、湿度の上昇が一目でわかるので換気のタイミングがつかみやすいでしょう。

窓ガラスに市販の結露吸収シートやフィルムを貼ったり、結露防止スプレーをかけたりするのも方法の一つです。
それでも結露ができてしまったら、できるだけ拭き取るようにしましょう。
また、カーテンやカーテンレール、窓のゴムパッキンやサッシのレールなどに、ホコリや汚れがついていると、それがカビの栄養源になってしまいます。こまめな掃除で、早めに除去することが大切です。

カビが生えにくいカーテンを選ぶ

カーテンで特にカビが生えやすいのは、窓の結露に触れやすいレースのカーテンです。レースのカーテンにカビが発生すれば、その外側のドレープカーテンにもカビは広がっていきます。
結露が出やすい窓にカーテンを新調するのであれば、レース、ドレープとも防カビ、抗菌などの加工が施されたカーテンがおすすめです。
あまり知られていませんが、最近は吸湿加工が施され、なおかつ速乾性のあるレースのカーテンもあります。

カーテンにいったん生えてしまったカビ。見た目が悪いですし、健康にもよくありません。また、洗濯しても完全に除去するのは難しいものです。カーテンを買い替えるなら、カビが生えにくい機能を備えたものをセレクトしてはいかがでしょう。