カーテンフックはどう選ぶ? カーテンの取り付け方法

カーテンフックはどう選ぶ? カーテンの取り付け方法

カーテンを美しく吊り、開閉をスムーズに行うためには、窓の位置、形、構造に適したカーテンレールとカーテンフックが必要となります。
ここではカーテンの基礎知識として、カーテンレールの種類や取り付け方、フックの選び方について解説します。

カーテンレールの構造と取り付け方法

カーテンレールの構造は、一般的に、『レール』、レールを支えて壁面などに固定するための部品『ブラケット』、レールの中を可動する『ランナー』、レールの両端に付ける『ストッパー』『ストッパーフック』などで構成されています。

カーテンレールの取り付け方法

カーテンレールの取り付け方法には、窓枠または壁面に取り付ける「正面付け」と、天井やカーテンボックスに取り付ける「天井付け」があります。
ここでは、最も基本的なカーテンレールの取り付け位置と、取り付け方法について解説します。
いずれの場合も、ビス(ねじ)で取り付けますが、下地の確認が必要となります。柱や胴縁(柱と柱の間に水平に渡す材)など、丈夫な場所を探してビス止めすることになりますが、下地が石膏ボードなどの弱い材質の場合は、ビスがきかないので下地の補強が必要となります。

[取り付けに必要な道具]
ドライバー、メジャー、キリ、脚立、下地探しの針など。

正面付けの場合

取り付け位置/幅の出し方は、窓枠の外側寸法から左右にそれぞれ10〜20㎝プラスした長さに。高さは窓枠の外側寸法から10〜15㎝上に取り付けるのが一般的です。装飾レールの場合は、デザインによってバランスが異なりますが、幅は機能性レールよりもゆったり広くとると装飾性が映える場合が多いようです。

[取り付け方法]

1. ブラケットの小ネジをゆるめて、ブラケットが移動できるようにし、取り付け位置を調節。両端のブラケットはレールの端から5〜10㎝の位置に固定し、残りのブラケットを等間隔に配置して固定します。
2. 壁にビスで、ブラケット(カーテンレールを支える部品)を固定します。

天井付けの場合

取り付け位置/幅の出し方は、窓枠の外寸から左右にそれぞれ10〜20㎝プラスした長さが一般的。カーテンボックスの場合は、内側の長さから1㎝引いた長さとします。高さは窓の高さに関わらず天井に直付けに。カーテンボックスの場合は内側上に直付けします。
カーテンを二重吊りにする場合は、開閉の際カーテンが重なるのを防ぐため、レールとレールの間隔を5〜10㎝くらいとることが必要です。

[取り付け方法]

①ブラケットがセットになったカーテンレールの場合は、ブラケットの小ネジをゆるめて、レールをブラケットから外します。
③ 1本目のレールは窓から3〜4㎝離した位置の天井面(またはカーテンボックス内の上側)に取り付けます。レールの両端から5㎝内側の穴に各1本、中央に一番近い場所に1本、あとは30〜50㎝の間隔でネジを取り付けます。2本目のレールは1本目から約5㎝(カーテンボックスの場合は10㎝程度)離して、平行に取り付けます。

カーテンフックの選び方

カーテンを開閉させるために必要な部品が、カーテンレールの溝を滑るランナーにひっかける「カーテンフック」です。カーテン上部に取り付けるカーテンフックは、大きく分けて3種類のタイプがあります。

Aフック

カーテンレールの下にカーテンが吊り下がるようになるタイプ。装飾レール、機能レールの天井付けやカーテンボックス内に取り付ける場合に利用します。

Bフック

カーテンを閉めたときに、レールの前上側にカーテンが吊り下がるようになるタイプ。正面付けの機能レールを隠したい場合に利用します。

アジャスターフック

3〜4㎝上下に調節可能なフックで、Aフック、Bフックを兼用。カーテン丈の微調整も可能です。
どのフックを使用して、カーテンをどう吊るすかによって、カーテンのサイズが異なるので、注意が必要です。

カーテンレールには、伸縮性のあるものや、出窓などのカーブに合わせて取り付けられるものなどの特別な機能を持ったもの、インテリアのアクセントとなる装飾レールなど、さまざまなタイプがあります。
こうしたカーテンレールを取り付けるのは、思いのほか大変な作業です。
オーダーカーテンとともに、カーテンレールも発注し、プロの手で取り付けてもらってはいかがでしょう。